Skip to content

デスクトップとノートパソコンのそれぞれの特色

パソコンを初めて購入する人が迷うポイントの一つに、デスクトップとノートのどちらがいいのかというものが挙げられます。

昔は比較的、ノートの方が価格が高かったので、安さで選ぶ人はデスクトップを選択する場合が多かったですが、最近はノートも3万円以下で買えるようになってきたので、価格の差はなくなってきています。

では、価格以外の部分でどういったところを比較して判断すればいいのかというと、まずは画面の大きさなどのスペックです。デスクトップパソコンは拡張性が高いため、グラフィック機能を強化するカードなどを追加していくことが可能です。

ノートパソコンもUSB端子を利用することで機器をつなげて拡張していくことは可能ですが、ビデオカードのようなものを取り付けられる仕組みになっていません。

なので、最新のゲームをプレイしたいというのであれば、デスクトップを買うしかないのです。パソコンを外でも使いたいと考えているのであれば、ノートパソコンしか選択肢はありません。

というのは、デスクトップを外に持っていくのは不可能だからです。デスクトップにはバッテリーが積まれていないので、動かすためには必ず電源が必要になります。

なので、外で動作させるなら喫茶店などにあるコンセントを借りるということになりますが、現実的ではありません。ノートの場合はバッテリーを搭載しているので、外でも数時間、動作させることが出来ますし、デスクトップよりもずっと軽量なので持ち運びも楽です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *