Skip to content

スティックパソコンとは

最近、全長10センチ程度で手のひらに収まるサイズのスティック型のパソコンが注目を集めています。

これは、家庭用のテレビや液晶ディスプレイに接続して使うことが出来る小さなパソコンです。大画面のテレビでインターネットを楽しんだり、余っている液晶ディスプレイに接続して有効利用したりといった、様々な用途が考えられます。

このスティックパソコンは、手のひらサイズの本体にテレビと接続するためのHDMI端子やデータを保存するためのeMMC、外部機器を接続できるUSBポート、無線LANを使用するためのモジュールやBluetooth機能まで、パソコンとして必要なものが全て収められています。

電動ファンが搭載されていないため無音で、発熱も少ないのも特徴です。CPUの性能も必要十分の水準で、動画サイトでフルハイビジョン画質の動画を鑑賞したり、Bluetoothでマウスとキーボードを接続してデスクトップパソコンのように活用することも出来るのです。

手のひらサイズのためどこにでも持ち歩くことができ、旅行先でホテルのテレビに接続してゲームを楽しんだり、無線LANを活用して観光名所を調べることもできます。

ビジネスマンなら、ビジネスホテルで資料を編集し、出張先の会社でプロジェクタに接続してプレゼンテーションをするなど、アイディア次第で多くの使い方が可能になります。価格も安く、これから大きく普及することが見込まれるデバイスです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *