Skip to content

パソコンの裏ワザ、オーバークロック

パソコンを使っていて、動作速度に満足できず、もっと速いパソコンが欲しいと考えている人もいるはずです。

パソコンの性能は、ほぼCPUの性能が決まるといっても過言ではありません。そのCPUの性能は、動作クロックがどれだけ高いかで判断できます。最近のCPUは複数のコアを内蔵したマルチコアCPUが一般的ですが、コア数が同じであれば、動作クロックが高いほど性能も高いと言えるのです。パソコンの性能を向上させたいときは、CPUを交換するのが一般的です。

しかし、CPUは安い買い物ではなく、コスト的な問題もつきまといます。そんなときに、コストをかけずに性能を向上させる裏ワザがあります。それがCPUのオーバークロックです。オーバークロックとは、CPUの動作クロックを定格以上に上げてしまうことです。一昔前までは専門的な知識が必要でしたが、現在では「パソコンに少し詳しい」という程度の知識があれば、ソフトウェアの簡単な設定だけでオーバークロックが出来てしまいます。

オーバークロックさせたCPUは、発熱量も増えてしまうため冷却能力を上げることも必要です。ファンの数を増やしたり、高性能なCPUクーラーに交換するといった措置が重要です。しかし、オーバークロックはCPUがもともと想定している動作を超えるものであるため、どれだけの対策を施しても故障のリスクは無くなりません。いざというときのみ使用できる、まさに裏ワザなのです。
pcのパーツのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *