Skip to content

パソコンメガネを使わずにブルーライトをカットする

近年、液晶ディスプレイから発せられる青色光(ブルーライト)が及ぼす影響が取りざたされています。

これは、常にパソコンやスマートフォンを見ていることによって過度にブルーライトを浴び、生体リズムが乱れやすくなるというものです。特に直接ブルーライトを浴びることになる目の疲れの原因だとして、改善する方法が模索されています。ブルーライトから目を守る方法として、パソコンメガネをかける方法が有名です。

これは、ブルーライトが目に届く前に反射するか、もしくは吸収することによって目への影響を減らすというものです。しかし、わざわざパソコンメガネを購入しなくても、ブルーライトをカットする方法があるのです。その方法とは、パソコンの設定で画面表示のカラーバランスを調整し、青色を薄くすることです。ブルーライトの原因は青色の発光です。つまり、青色が少ない状態にすればブルーライトも減るのです。

ただ、青色だけを減らす設定すると画面表示全体のコントラストが崩れてしまうので、赤色や緑色の表示も調整し、違和感のない設定にしましょう。また、色温度を下げることも有効です。色温度とは、「光の色」を表すために使われる数値です。色温度が高いほど青い光になるので、色温度が低くすることでブルーライトを減らすことが可能になるのです。液晶ディスプレイから発せられるブルーライトは、お金を掛けずとも改善することが出来るのです。パソコンメガネを買う前に試してみるのが良い考えです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *