Skip to content

パソコンにおける文字印刷の近年

パソコンにおける文字印刷の近年を書きます。

今では、インクジェット方式と言うものが普及し、非常に安い値段でスキャナーつきの高機能なプリンタがたくさんありますが、当時は夢のようなプリンタです。今で言うインクジェット方式とは、当時、バブルジェット方式と言う言葉も聞いた事のある人もいるでしょう。その違いは、インクジェットは、ノズルにインクの液をためて、電極の付加を与え、インクを飛ばすと言うものでした。それに対し、バブルジェット方式は、ノズルを直接加熱し、その蒸発でインクを飛ばすと言うものだったと記憶しています。

インクジェットのほうが精度も高く寿命も長いのでバブルジェットよりも高価だったと思いますが、いつのころからかその差は無くなりつつあるようです。大型のポスターなどの印刷にもこの方式が使われています。そして次に現れたのがレーザープリンターです。夢のプリンターでした。今ではインクジェットと同様にスキャナー機能もついており、コピー、プリンタ、スキャン、ファックスと、万能で、また、さらにカラーにも対応しています。非常に夢のような機能なのですが、案外ランニングコストが高いとされ、トナーがものすごい高価なプリンターです。

そして重いです。パソコンで、ここまでのことがいるのかとも当時は考えられていたのですが、今ではその需要は十分にあり、特にPDFの印刷にはめっぽう強いです。そして、パソコン初期のころからいまだにあるプリンターとして、プロッタプリンターと言うものがあります。これは、まさにインクのペンをアームでつかみ、そのアームを動かして紙に書き込むと言うものです。CADなどで非常に重宝されたのですが、あまり文字には向かず、特に画像には不適切でした。当時は大きな紙には向いていました。と、今現在のパソコンの主流のプリンターを上げさせていただきました。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *