Skip to content

数々の通信関連製品に使われる高性能なpcパーツ

pcの頭脳とも言えるのがCPUです。

他のパーツは購入日、必要に応じて交換する事が可能です。メモリやグラフィックボードなどは代表的な物で、とりあえず適当なグレードのpcを購入して、後から必要に応じて、それらのパーツを交換したり、増設すれば快適に作業が可能です。翻ってCPUは比較的カスタマイズが楽なデスクトップ型でも交換は基本的に難しくなっています。そのため新しくpcを買い足す、あるいは買い替える場合は、CPUの種類に気を付けましょう。安価な値段で販売されている通信関連機器には、Celeronというグレードのパーツがよく使われています。

省エネ性能に優れ、パーツ代が安いのが利点です。一方でCeleronは処理能力が平均的です。文書作成や表計算ソフト等、比較的軽いソフトを使う用途には最適ですが、重たい処理をする事は不得手です。ネット動画サイトを頻繁に閲覧する方、ブラウザは常に大量のタブを開いて利用する方、映像編集や画像加工を頻繁にする方は、ワンランク上のCOREiシリーズが搭載されたデスクトップ型pcにしましょう。COREiシリーズは通信関連の各メーカーのpcに使われており、信頼と実績が豊富なブランドです。

通信関連機器の価格は性能と基本的に比例しています。COREi7やi5は中級者や上級者向けのパーツですが、COREi3は性能の良さと費用対効果の良さのバランスが取れており、一般ユーザーに向いています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *