Skip to content

通信関連機器のノートpcの記憶容量パーツ選び

ノートpcを買い替える際、一番最初に注目したいのが本体の容量です。

一口にノートpcと言っても多種多様な製品が店頭に並んでいます。通信関連機器の容量の多さと販売価格は基本的に比例の関係です。一般的な用途に使うのであれば、それ程大量のサイズは要りません。反対に動画編集やオンラインゲーム、イラスト制作など本格的な趣味に使う事を想定しているなら記憶容量のサイズは大きい方が安心です。

低価格で販売されているノートpcにはeMMcというパーツがよく搭載されています。32GBから64GBのパーツが多く、文書作成やSNSの利用、ネット動画サイトの閲覧をメインの目的にするユーザーなら充分です。いわゆる本体のCドライブに大量のデータやアプリを入れない方であれば64GBもあれば満足に使い続けられますし、eMMcが搭載された通信関連の製品は値段が安価であり、パーツには静穏性と耐衝撃性が備わっていますので、色々な場面で重宝するでしょう。一方で大量の動画や大容量のゲームアプリを、Cドライブに保存する予定の方はHDDが搭載されたノートpcがオススメです。最近は一般向けのノートpcでも大容量化が進み、500GBから1TB、中には2TBのパーツを搭載した通信関連の機器があります。

それだけのサイズがあれば大量のファイルも安心して保存出来ますし、OSのアップデートにも毎回対応可能です。ノート型の場合、外付けHDDを取り付けると携帯性が下がるため、本格的な趣味に使う予定の方は余裕を持たせ、大容量の物を選んでおいた方が良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *