Skip to content

で自作PC得られる初心者のワクワク感とは

自作PCを組み立てることは初心者にとってPCとは何かを理解する上で最も実際に部品に触って組み立てる妙味がたまりません。

ひとつひとつのパーツを選ぶことから自作PCづくりが始まるわけですが、この作業が初心者にとっては楽しい作業になります。CPU・メモリーはどの程度のスピードが出したいのかなど想像力が必要な作業です。マザーボード上で設計図をつくっていくことやケース選びから最近主流なSSDの導入などやるべき選択が広くて全てを理想のものにすると高額になり、市販のものを購入したほうがコストパフォーマンス的にはあっています。

そこを初心者が、自作PCをつくりたいというのはスペックうんぬんより立ち上がった瞬間の喜びを味わいたいということだと考えます。初心者が、すべての組み立てを終わりOSをインストールして画面上に無事立ち上がり画面が現れることでPCを制覇した充実感を体験できるのです。この作業を経験しておくとトラブルが発生したときの手順もわかってくるはずです。PCの利点や欠点も自ら組み立てることでわかってきます。

組み立て自身は簡単な作業でケーブルの向きなどを誤らなければ説明書通りに組み立てていくだけです。マザーボードの上に並べていくものがどのような役割を果たすのかを理解することができます。組み立て作業をやっていくうえでハードディスクとソフトウェアの関係性についてもわかってくるのです。初心者は、まず体験をすることで実際のマシーンの構造が分ればCPUなどの大切さやメモリーの役割が分ってくるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *