Skip to content

初心者だからこそ逆に自作PCに挑むべき

パソコン初心者の方こそ自作PCに挑戦したいところ、自分でゼロから組み立てる事で、コンピューターの内部の構造が把握出来ます。

初めから上手に自作PCが組み立てられる人はいません。兎に角はじめは思い切って道具を揃えたり、詳しい人に相談して、一度ゼロから組んでみて、試行錯誤を重ねながらスキルを磨く事です。昔は自作PCに関する知識やパーツが、あまり一般的に普及していませんでした。そのため一部の上級者だけが出来る作業でした。ところが最近では量販店やパソコンショップ、更にはインターネット通販サイトでも初心者の方向けの専用キットが販売されています。

専用キットには自作PCに必要な部品やPCパーツが全て揃っており、まるでロボットアニメのプラモデルや海外ブランドのブロックを組み立てるような、良い意味で遊び感覚で取り組めるのです。分かりやすい組み立てマニュアルが同封されている製品もあります。自作PCの良いところは、カスタマイズの幅が広い点です。メーカーの物も購入後、自分で別のパソコンパーツを追加する事は可能です。

しかし、互換性の関係がなかなか良い部品が見つからなかったり、そもそも拡張性が無いモデルだと、後でマシンパワー不足を感じた時、お手上げ状態になるばかりです。翻って自作であれば、互換性が合うメモリやグラフィックボードやサウンドカードを自由に追加したり、交換する事が出来ます。初心者の頃からあえて自作する事で、内部の構造に詳しくなり、その後トラブルが起きても、自分で対応出来るようになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *