Skip to content

pcの自作に必要なパーツの種類とは

ほとんどの人は、pcメーカーが製造・販売しているモデルを購入して済ませるものですが、既製品の性能に不満がある人や、価格に見合ったモデルがないので自分でカスタマイズしたいと思う人もいます。

そのような人たちは、専門店でいくつかのパーツを購入して自作することになります。初めて自作に挑戦する初心者から見ると、全部でどれだけのパーツを用意したらいいのかはっきり知らない人もいるはずです。まず、自作pcの為に用意しなくてはいけないのが、ケースです。ケースは大きく二つの種類に分かれていて、ミドルタワーとミニタワーに分類することができます。

どちらのケースを買えばいいのか、まずここで壁にぶつかる人もいるかもしれません。拡張性に優れていて、内部のスペースが広いのはミドルタワーの方なので、こちらの方が人気が高めです。ケースの種類が多くて選択肢が豊富で、値段も安い方がいいと思っている人にも、ミドルタワーが適しています。pcケースに電源ユニットがついていることも多いですが、もし付属していなかったときには電源ユニットというパーツも買っておきましょう。

電源を入れることが出来なければ、本体は動作しません。どの種類を選ぶかで、ケーブルの種類などが変わります。マザーボードは、pcのパーツの中で心臓部にたとえられる存在です。格安でリーズナブルなものを選んでも、高価なものを選んでもどちらでも問題なく動かせるので、好みで決めましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *